OPP袋の熱への耐性について

OPP袋と言ってそれが何のことかすぐにわかる人はそれほど多くはないと思いますが、OPP袋とはシンプルに言うとビニール袋や透明な袋のことです。日常生活の中でもいろいろな場面で使われているものになります。
OPPとは、正式名称はOriented Polypropyleneのことで、その頭文字をとった言葉になります。日本語での正式名称は2軸延伸ポリプロピレンとなります。
この袋の原料であるポリプロピレンを縦横の2方向に延ばしていくことで、透明なフィルム状にしたもの一般的にOPP袋といいます。
OPP袋はすでに延ばしているのですが、それなりの強度がありつつも、引っ張ってもあまり伸びないようになっています。このフィルムを袋の形にするためにフィルム同士をくっつけているのですが、くっつけている部分は裂けやすいという欠点もあります。

同様にビニール袋や透明袋といわれているものにはCPP袋という種類のものもあり、CPPとは正式名称はCast Polypropyleneの頭文字をとったものとなります。日本語での正式名称は無延伸ポリプロピレンとなります。OPP袋もCPP袋も透明で、見た目は似たようなものとなっていますので、なかなか見分けることはできないと思いますが、注意深く知識を持って見ることでOPP袋の方が透明度がわずかに高くて、OPP袋はさわるとパリパリっとしていますが、CPP袋はさわると滑らかで引っ張ると伸びるというそれぞれの特性があるので、誰でも見分けることができます。

OPP袋は透明度が高くテカりがあり、熱への耐性は130度程で、寒い環境では強度が落ちるという欠点があります。
対してCPP袋は、透明度はすこし落ちるが、熱への耐性は130度以上あり、OPP袋よりもシートヒール性に優っています。
またOPP封筒は接合部分が破れやすいのに対して、CPP袋はOPP袋よりも接合部分が破れにくいという特性があります。
OPP袋もCPP袋も見た目にはそれほど違いはないので、透明の袋を使用したいと思った場合はたいていは気にしないでモノを選んでいますが、OPP袋とCPP袋にはいろいろな違いがあるので、商品を入れたり、カタログやダイレクトメールなどを入れて郵便に使ったりなど、それぞれの用途に合わせて、特性に注意しながら、透明度を求めるならOPP袋などと、よりメリットになるように使い勝手のいい方を選んで使用したほうが良いと思います。